kvm

kvm

# kvm

# kvmとは

Linux上で仮想化環境を利用するためのソフトウェア。 KVMはIntel社のIntel VTやAMD社のAMD-Vなどマイクロプロセッサの提供する仮想化支援機能を利用し、LinuxカーネルをVMMとして動作させる。その上で複数台のコンピュータを仮想的に動作させることができ、Linux自体を含む様々なOSを並列に動作させることができる。

# kvmでの差分ディスク管理

以下のコマンドを実行することでxmlファイルを作成することができる。

1
% /usr/bin/qemu-kvm -name VMNAME -hda /media/fcs/student/e~/e~/IMAGENAME.qcow2 -m 2048
  • “VMNAME"がVM名、“IMAGENAME"がIMAGEファイル名となる。
  • “-m” オプションでメモリ容量の設定。この場合は2048MB
  • “-hda” オプションでストレージとして与えるファイルの指定。

作成したファイルには必要に応じて以下の変更を加える。

  • type archの値を’i686’からx86_64に。
  • を〜間に追加。
  • をに変更。

既存の xml ファイルをコピーして、直接 xml を書き換えてしまってもよい。 書き換える必要がある部分は、name,uuid,source file,mac address の4つ。 name にはVM名、uuid には uuidgen コマンドで生成されたもの、source file には使用するファイルのパス、mac address には他と被らないように適当な mac address を入れればいい。

# ethernetの設定

ブリッジ接続の場合は、作成したxmlファイルにさらに変更を咥えなければならない。

  • interface typeの値を’ethernet’から’bridge’に変更。

# イメージファイルの作成

QCOW2形式なら、最初に全容量を確保しないのでスペースを広く取らない。また、Copy on Writeが使えるのでイメージ本体には書き込まずに差分ファイルデータに書き込み、差分で管理することができる。 以下のコマンドを実行することでQCOW形式のイメージファイルが作成される。

1
% qemu-img create -b BASEIMAGE -f qcow2 IMAGE
  • “-b"オプションでbase imageを指定しておくことで作成したイメージファイルには差分のみが書き込まれるようになる。BASEIMAGEにベースとするファイルのパスを指定する。
  • “-f"オプションでフォーマットの指定。ここでは前述したようにQCOW2。
  • IMAGEは作成するイメージファイル名。

# xmlファイルの登録

作成したxmlファイルをvirshに登録する。このとき既にイメージファイルを作成しておく必要がある。登録は以下のコマンドを実行することで行える。

1
% sudo virsh define XMLFILE

XMLFILEに登録するファイルのパスを指定する。また、登録されたxmlファイルは/etc/libvirt/qemu 以下にコピーされて管理されるため、登録後に元のxmlファイルに変更を加えても反映されない。編集方法については次の項にて示す。

# virsh

virshは他にも以下のような用途がある。

  • xmlファイルの編集
1
% sudo virsh edit VMNAME

登録したxmlファイルの編集を行う。前述したとおり、これらのファイルは/etc/libvirt/qemu 以下に存在する。

  • 起動
1
% sudo virsh start VMNAME

指定したVMを起動する。

  • 一覧の確認
1
% sudo virsh list --all

登録したVMの一覧を表示する。

  • VNCポートの確認
1
% sudo virsh vncdisplay VMNAME

指定したVMのVNCポートを表示する。

  • xmlファイルの確認
1
% sudo virsh dumpxml VMNAME

指定したVMのxmlファイルの内容を表示する。

# kvm で linux kernel を debug する

http://okinawadevops.github.io/2014/10/18/yosukeota/

ie-virsh define 01 で指定されたディレクトリに qcow2 のイメージを置く ie-virsh start 01 で起動する ie-virsh vncdisplay 01 で表示された番号に5900を足したものがVNCポートになる defineのときに表示されたパスワードでVNCに接続する root でログインしてgrubを書き換えてコンソールログインできるようにする

1
   /etc/default/grub を編集する

ie-virsh console 01 あるいはipv6でsshで接続する

https://fedoraproject.org/wiki/Building_a_custom_kernel を見てkernelをコンパイルする コンパイルしたディレクトリを手元にコピーする

ie-virsh destroy 01 , ie-virsh undefine 01 で一度消してからie-virsh gdb-define 01 でデバッグ用にVMを定義する ie-virsh start 01 で起動する コピーしたソースディレクトリ上に移動し

1
   gdb vnlinux

とする ie-virsh dumpxml 01 でデバッグポートを確認してgdbの中で

1
   target remote :01234

01234はデバッグポート

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Built with Hugo
Theme Stack designed by Jimmy